石狩の葬儀社石狩葬儀社トップロゴ

文字サイズ

家族葬

家族葬とは?

家族葬に決まった定義はありませんが、一般的には近親者と本当に親しかった方を中心に営まれる葬儀を家族葬と言います。

近年、家族葬が葬儀の主流になりつつある要因として、核家族化に伴い、近所付き合いが少なくなった事。また高齢化に伴い、生前勤めた会社と疎遠になっていたり、友人先に他界しているなど、様々な理由により家族葬(小規模な葬儀〉を選ぶ方が多くなっています。

家族葬が選ばれる理由

会葬者への気遣いや対応に追われることなく、大切な方のことだけを想い、葬儀を行いたい。

高齢のため、知人・友人が少ない。

声をかければ大規模なお葬式になるが、義理だけの弔問はご遠慮願いたい。

出来るだけ負担の少ない葬儀を行いたい。

故人の遺言(希望〉で、葬儀は小規模で行いたい。


メリット

小規模で行う家族葬は、お料理や返礼品などのおもてなし費用が軽減できます。また、大きな会場を利用する必要もなく、経済的なため費用を抑えることができます。


気の知れた親しい方のみで行う為、会葬者に対する気遣いや対応に追われる事がなく、大切な方とのお別れに専念する事が出来ます。


デメリット

故人の事を大切に考えてくれていた方が、家族以外にも存在するはずです。家族葬で行うことが、本人の遺志であっても「どうして知らせてくれなかったんだ」と言われてしまう事があります。事前に家族葬で行う事を各方面にお知らせする事はとても重要な事です。

家族葬を行うポイント

1.誰に声をかけるか

家族葬の人数で決まりはありません。ご家族だけで行う方もあれば、ご親戚・親しい友人をお招きする家族葬もあります。事前に「どこまで声をかけるか」を決めておく事が大切です。

2.どこで行うか

ご家族だけであれば、こ自宅でも可能ですが、近年の住宅事情で、御棺が入らない住宅やマンションが増えているので注意してください。また、ご親戚の方の宿泊の事やご近所への配慮も必要になります。弊社では、予算や人数に合った、葬儀会場をご提案いたします。

3.どのような葬儀形式にするか

家族葬でも、お寺様にお経をあげて頂く、「仏式」や「神式」・「友人葬」・「キリスト教」などご信仰の宗旨に則った形式で行うのが一般的です。最近では、宗教離れが進み、「無宗教」形式や好きだった曲とともに送る「音楽葬」なども多くなってきました。

4.まとめ

家族葬は、人数(規模)と形式(仏式・無宗教など)、行う場所(自宅・斎揚など)を事前に決めておく事が重要です。家族葬で、対応に追われることがなく、ゆっくりとお別れをする優しいお葬式を行ってください。

石狩シティホール

各種ご案内